個人事業主が借入れするとき、会社連絡なしにするのは難しい?

個人事業主なら自分への電話でOK

何らかの借入れをするとき、よく会社連絡なしのやり方はないか、という質問があります。
これは基本的に勤務先がある場合はほとんど全てのところで行われますから、基本的にナシにするのは難しいものです。

とはいえ、個人事業主の場合はどうなるのかというと、基本的に自分への電話ということになります。
これは特に自分への電話ですから、本人確認と在籍確認が一気に済むというメリットがあるのです。

これはそれぞれの貸し出す基である銀行や消費者金融などによっても違いますが、個人事業主なら自分で連絡がつけば十分在籍確認もできるでしょう。
基本的に会社連絡なしにする方法というのがありますから、心配することはありません。

個人事業主でのデメリットとは

ただし、この肩書で借りるのならデメリットも有るのだということを忘れないで下さい。

第一に貸し出す基準としてよくある「安定した収入があるかどうか」という点での信頼性が低い場合もあるのです。
このため、例えば安定した毎年の確定申告書などを提出する必要がある場合もあります。

また、個人でも勤務先があるのならその勤務先に電話がかかる場合もあります。
これは例えばデジタルオフィスやレンタルオフィスを基本的な住所や電話番号としている場合で、この場合は応対してくれる人に話をしておき、離席や外出中というように連絡してもらうのがいいでしょう。
最低限、勤務先の電話番号に借入れ元が連絡してくるので、全くの会社連絡なしというのは難しいでしょう。