お尻の黒ずみは血行不良と古い角質が原因かも?より良いケアは?

お尻の肌は厚いと言われています。
正確に言えば、角質が厚くなっていくというものです。

その内訳は、古い角質が角化してしまったり、排出されずに層になっているというイメージです。

ですから、お尻を触った時に、赤ちゃんのようなふんわりしたものではなく、ゴワゴワとしていたり、肌触りは決して良いものではありません。
その上古い角質が残っているということは、黒ずみやニキビの温床になっています。

ですから、お尻の黒ずみはこうした環境からできると思って良いでしょう。
古い角質がたまるということは、ターンオーバーがうまくいっていない証拠です。

お尻トラブルの原因の一つに血行不良があります。
座っているだけでも、血管に影響があります。
この状態が長くなると、当然その時間だけ肌に影響が出ます。

対処法としては、柔らかい座布団を敷いたり、定期的に立って、血流を良くすると良いでしょう。
そうすることで、普段の生活での古い角質を積み重ねることは少なくなります。

角質ケアの対策としては、お風呂でもゴシゴシとこすらず、おしり専用の石鹸を使う、ケア方法として、美白成分のあるクリームなどを塗るのも良いです。

そして、ピーリングなどを行うと、古い角質を除去することができるなど、黒ずみを作らない改善方法はあります。
お尻の黒ずみのケア商品はコチラ

座っていることが黒ずみの原因を作るというのは極端な話しですが、血行不良ということで言えば、納得です。
本来デリケートな肌ですから、黒ずんでしまったお尻のケアは粘り強く行う必要があります。